I go to work in the financial
I is extremely fierce hard work of the

金融業界の仕事は過酷?

金融業界の仕事には、過酷な面がたくさんあります。日本が不景気になり、また世界的にも不景気になった背景によって、金融業界も大変な面が増えています。まず、お金を家庭で管理する…のは当たり前ですが、それらのお金を金融機関に預けるのにも、ためらいを持つ方が増えています。

そのため、外回りなどをして、お金を集める金融業界では、お金を中々、預けてくれない家庭や企業などに直面することもあり、過酷な状況が増えているところがあります。

仕事としては、お金を集めるだけでなく、いかに資産を運用するのか?も金融業界の仕事でもあります。そのため、不利益なことが、例えば、業績を悪化させるようなことがあってはなりません。お客様のお金を無駄にしてしまうことになるからです。
金融業界に勤めている人が、仕事が過酷だと思うような状況になったのは、また一つの側面として、ノルマや売り上げによって個々人の会社での立場が決まるようになってしまった…という日本の企業の体制などもあります。

今までの、日本の雇用制度では、あまり格差がなく、成績なども、あまり考えられずに日々を真面目に仕事をしていれば、会社での地位が大変なことになる…というようなことはありませんでした。

しかし、最近では成果主義、という言葉が日本の社会に多く出るようになり、また金融業界でもこれらを当然とするようになってしまったため、成果主義にのっとり、いかに利益をあげられるのか?が優秀な社員としての求められるところとなりました。

そのため、お客様に親切にしていただけではだめで、商品を多く売り、成果をどんどんとあげなければならない…という過酷な状況が続いています。売り上げることによって、一人前の社員として認められる世界に、なってきてしまったため、成果があげれない人は会社にいるな!という風潮が広がっているのです。そのため、先ほどのように、金融業界では、例えばお金を何億と投資してもらって一人前、などの過酷な状況が増えるようになりました。

今まで、成果主義でなかった会社も成果主義に転じるようになった側面があり、ますます競争が激化しているのです。これらは、自殺にもつながっており、ノルマを達成できなかった人が自殺をしてしまうという社会問題にもなっています。
一昔前では、考えられなかったことです。このような成果主義、が日本の社会で起きるようになり、金融業界の仕事は過酷だ…ということになっているのです。

ブックマーク

SMSサービスで適切に送信!
短時間での配信キャパシティも考えた設計構造

オフィスデザインの実績から
実績から想像できる事を形にします

オフィス移転により良いオフィスにするには
トータルでサポートしてくれる会社に依頼しましょう

会計事務所の求人をお探しですか?
全国9拠点ですが会社指示による転勤はありません

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2014 金融業界の仕事は過酷? All Rights Reserved.